TOPへ戻る

根管・歯根治療専門医院だからできる納得の治療
根管・歯根治療専門医が在籍
短期治療も対応可能

根管・歯根治療専門医による安心の治療を

「痛みがなかなか治らない」「腫れがひかない」などでお悩みの方へ。

根管治療専門医がお答えさせていただきます。

- 根管治療の様子・利用する器具を動画でご紹介致します -
当院で採用のミラー

従来のミラーは水滴がつき見づらいという難点があり、治療を連続して行うことができませんでした。 今回当院で採用したこのミラーは、治療の際、自動的に風を吹きつけて水滴を飛ばしてくれるため、連続して処置ができるようになりました。

マイクロスコープによる歯根破折の精密診査療

根管治療の最初のステップは、診査、診断です。
この段階で間違ってしまうと、治療がうまくいきません。
今回の動画では、歯根破折の有無を診査しております。 歯根破折を生じている歯は抜歯の対象となる場合があるため、 診査は非常に重要です。
また、歯根破折を見逃してしまうと、根管治療を行っても 改善せず、治療が長引くことがあります。 逆に『歯が割れているかも』と言われても、 マイクロスコープで確認し、割れていないこともあります。
割れていないようならば、治療により改善するかもしれません。
そのため当院では、診査、診断に時間をかけ、丁寧に治療法について お話しさせていただきます。

側方加圧充填

根管充填(根の中を詰める)方法にはいくつかございます。
その中でも「側方加圧根管充填」という方法と「垂直加圧根管充填」と言われるものがございます。どちらも治療の予後(経過)には大きな差はないと考えられております。
症例によって(根管の形態によって)使い分けるのがよいと考えております。
今回は側方加圧根管充填についての動画になります。学生の時から習う非常に基本的な方法ですが、きちんと詰めれば確実で緊密な充填が可能です。

 

根管治療時に利用する新しい器具『SAF』について

当院で用いているSAFという器具は、ニッケルチタンという柔軟性に富んだ金属を使用しております。
さらに構造が網目状になっており、通常、根管治療に用いる回転切削器具とは、構造が異なります。
さらに回転によって切削するのではなく、若干の回転と細かい上下動にて切削します。そのため、通常の回転切削器具では不得意な、扁平な根管や太い根管において侵襲性が少なく、根管内壁を切削、洗浄できます。必ず使用する器具ではありませんが、得意分野では威力を発揮してくれます。

"患者さんの1歯1歯を大切に" マイクロスコープを利用した丁寧な治療

根管治療専門医院 坂上デンタルオフィスでは"最低1時間"治療時間をとり"マイクロスコープ"を使用した的確な治療をお約束致します。
患者さんご自身の歯は、それぞれ特別なものです。1歯1歯を誠心誠意治療させて頂きます。
中には治療が困難な歯もあるかもしれませんが、その際にもマイクロスコープやCT画像を用いて丁寧に診査を行い、
現状をご説明の上で最適な治療法をご提案させていただきます。
ご心配な歯がございましたら、お気軽にご相談下さい。

「長引く根管治療・長引く痛み」を解決する"安心の根管治療"

歯の根の治療に時間がかかると、食事がつらく、おいしくありません。

当院での根管治療は処置に1時間程度取らせていただき、
前歯では1回~2回、 大臼歯では2週に1回、通常3~4回程度で治療は終了致します。
何ヶ月もかかって治していた治療が、週一回1時間の処置を3~4回行うことで改善するかもしれません。
1回の処置に十分時間をかけ、専門の歯科医師が行うことによって可能となります。

根管治療の際の痛みが少ないよう最大限の配慮を行っております

治療前

原因の分からない痛みは、大きな不安を引き起こし、痛みを本来よりも強く感じさせてしまいます。
そのため、まずは痛みの原因を探ります(歯の神経が痛んでいるのか、歯の周りが腫れて痛いのか、他の原因なのか)。
お口の中の腫れている場所や歯ぐきの状態、むし歯の深さを確認した後に、レントゲン写真を撮影し原因となっている歯を確定していきます(場合によってはCTも撮影致します)。
原因が判明したら原因歯に対する処置方法を提案させていただきます。原因が分かれば不安もなくなり、処置方法が決定し治療を進めていけば痛みも改善していきます。

治療中

電動麻酔を利用した痛みの少ない根管治療への取組み

処置中に痛みを感じることは、患者さんにとって苦痛であるとともに、処置も不十分になりさらなる疼痛を招く原因となります。そのため処置中は痛みを感じないように細心の注意を払います。麻酔の注射をすることも多いのですが、その際にも表面麻酔を十分に行い、針を刺す痛みを最小限にするように配慮致します。

治療後

根管治療後は一時的に痛みが出る場合もあります。痛み止めのお薬や抗生物質を服用していただくこともありますので、アレルギーがある方はおっしゃって下さい。

根管・精密治療専門医院ならではの最新の医療機器を利用した診断、
豊富な治療実績を有する根管・精密治療専門医による安心の治療など
来院される患者さんにとって安心し納得して治療を受けて頂ける院内環境をご用意致しております。
根管治療(精密顕微鏡歯科)のお悩みお気軽にご相談下さい。

根管治療について endodontic

いつまでもご自身の歯で噛めるように

根管治療専門医院 坂上デンタルオフィスでは、根管治療・精密顕微鏡治療の専門医が
歯科用実体顕微鏡(マイクロスコープ)・歯科用CT装置・ラバーダムを用いて専門的に治療を行っております。
ご自身の歯で長く食事ができるように、きれいなかぶせものが長く持つように、私たちが協力させていただきます。
以下のような症状の方は是非一度、ご相談下さい。

このような症状ございませんか?

① むし歯の治療をした後に、痛くなってきた。
② 「むし歯が大きいので神経をとらなければいけない」と言われた。 
③ きれいな歯をかぶせたのに痛くなってきた。 
④ 根の治療をした後に痛くなってしまった。 
⑤ 歯茎が腫れてきて心配だ。
⑥ 根の治療が怖い。
⑦ 「治療できない」といわれたが、一度相談してみたい。

上記のような経験がおありの方は是非一度、ご来院いただければ
『根管治療専門医による正確な診査・診断』のもと患者さんに現在の状態をわかりやすく説明し、患者さんにとって最適な治療方法などをご提案させていただきます。
優しく丁寧に説明、治療をさせていただきますのでご心配いりません。
患者さんのご健康のために、私たちにご協力できることがあるかもしれません。

動画で見る根管治療の流れ flow

当院で導入した、根管治療用の器材の説明です。以前より安全で、確実に根管治療が行えるようになっております。

根管治療例 1:大臼歯 インプラントに隣接した歯に対して根の治療を行い、抜歯が回避できた症例

【 症例について 】

一番奥の歯はきれいな被せものが被っていますが、歯ぐきが腫れています。ウミの出口のようなものもあります。 レントゲン写真で見ても、根の先に黒い影があります。インプラント治療はよい選択肢だと思いますが、今回は患者さんと相談し、歯の根の治療により改善する見込みが少しあるかもしれないと判断して、処置を開始しました。

根管治療例 2:「右上の奥歯がしみる」とのことで来院された患者さん

【 症例について 】

右上の奥から2番目の歯は神経を取る治療が行われていました。歯がしみる感覚は、多くの場合、神経が生きている歯に生じますので、 診査した結果、しみる原因は一番奥の歯だったようです。

MI修復について Minimal Intervention

M.I.とは『ミニマルインターベンション(Minimal Intervention)』の略で、歯の治療において、歯質や歯髄への犠牲を最小限に抑え、本当に悪くなったところだけを削除して修復する治療法です。
出来るだけ歯を削らず、出来るだけ神経を取らず、生まれもった歯を出来るだけ残して、歯の寿命を長くすることをコンセプトとしています。

治療前 治療後

歯が欠けてしまった患者さんも即日で修復可能です

歯と同色の歯科材料を用いることで、天然歯と同様の審美的で機能的な状態に一回の通院で回復することが可能です。

治療に伴うリスク

根管治療することにより治療の影響で一時的に痛みが強くなることがあります。

患者さんの歯を大事にし、なるべく残していく方法を共に考えていきます。
その際に、最も重要な診査、診断に十分な時間をかけ、
歯科用実体顕微鏡、CT等を用いて患者さんと相談し
治療方針を決定して参ります。
患者さんにご満足頂けるような治療をしていきたいと考えて、
お一人1時間程度、相談から処置まで私一人で対応させて頂きます。

メディア掲載実績 Media

根管治療専門医院:坂上デンタルオフィスの特徴、根管治療について、
開業への想いをインタビュー形式にてご紹介致します。

Q. 医院で行う根管治療について教えて下さい

「根管治療」とは、歯が痛んだり、噛むと痛かったり、または、しみるといった症状に対して行う、歯の神経の通り道である根管と呼ばれる部分の治療です。むし歯が進行した場合、痛みを伝達する神経を取る必要性が生まれ、神経を取って根管を綺麗にしてあげなければ、細菌の増殖、腐敗といった経過を辿り、最終的には、抜歯の決断を下さざるを得なくなります。
「なるべく抜かない」ための最善の処置が根管治療であり、「歯を残せる」かは、細かい技術を紡ぎ合わせた職人的な根管治療が大切になります。

Q. 神経の治療と聞くと、難しい手術をイメージするのですが、具体的にはどのように治療していくのでしょうか?

歯に必要最低限の穴を空け、清潔で柔軟性のある器具を用い、根管を綺麗にお掃除していくのですが、根管は複雑な形をしていて、非常に精密で清潔な処
置が必要です。その際に、最も注意を払うべき点としては、根管への細菌の侵入が挙げられます。
治療を受ける際に気をつけたい点は、唾液が入らないようにゴムのシートで隔離して治療を行うラバーダム
ラバーダムを用いた方法は、アメリカでは当然の治療法となっています。ラバーダムを使わずに、根管治療を行うことはアメリカでは考えられません。

Q. 先生は根管治療の認定医ということですが、開院予定のクリニックは根管治療専門の歯科医院になるのでしょうか?

「根管治療」「MI修復(し歯治療)」二つの治療に特化したクリニックになります。
どちらの治療にも共通するのは、最新のマイクロスコープの使用なのですが、これによって精密な処置の精度を飛躍的に高めることが可能です。
歯をなるべく削らず、なるべく残し、歯が持つ本来の白さを取り戻す治療で、かぶせもののように、歯ぐきの周りが黒くなる心配もありません。

Q. 自身の歯、美しい歯を保ち続ける治療というわけですね。最後にメッセージをお願いします。

安全で微細な器具や優れた素材を使用しての治療ですので、保険適用外となり、自費治療になります。
インプラント治療も優れた治療なのですが、自分の歯をなるべく残したい、自分の歯で噛みたいと思う事も大切です。
いつまでも患者さんの美しい歯を保ち、美味しい食事を楽しんで頂きたい
そんな願いを抱いて、これからの地域医療に貢献していきたいと思っています。

19.10.29  2019年新患患者さん受け入れ状況について

世田谷区二子玉川にて根管治療を専門に開業しております、 坂上デンタルオフィスの坂上です。 2019年、年内の患者さん…

19.04.15  4月5月は木曜日休診といたします。

坂上デンタルオフィスの坂上斉です。 4月と5月は、 水曜日を診療日とし、 木曜日を休診日と致します。 お手数をお掛けし…

18.12.02  新規患者さんの受け入れ状況について

世田谷区二子玉川にて根管治療を専門に開院しております、 坂上デンタルオフィスの坂上 斉です。 だいぶ寒くなってきましたが、…

大きな地図・道順をみる →

根管治療専門医・歯根治療専門医が在籍

[根管治療・Mi治療 専門医院]
〒158-0094
東京都世田谷区玉川3-20-11 2F

アクセス

田園都市線 二子玉川駅 徒歩4分

診療時間・休診日

診療時間
午前診療
10:00 ~13:00
午後診療
15:00 ~19:00